林業BA談議 YouTubeチャネル

​林業BA談議#1 

林業の課題は「林業経営」の課題ではない

林業業界が抱える課題は「林業経営」(森づくりのやり方)の問題ではなく、「林業会社の経営」の課題。林業業界で働く人のほとんどは、会社の「組織経営(組織マネジメント、人材育成・管理等)」について学ぶ機会がありませんでした。いろんなことがうまくいかないのは、組織経営の知識がないからです。これを機会に考えてみませんか。

​林業BA談議#2

林業で週休2日制は可能か?

​林業事業体の現場職員は慢性的な人材不足。募集をかけても人が集まりにくい。なぜでしょう?栃毛木材工業が実現している月給・週休二日制について、是非、話を聞いてみてください。なぜなのかがわかります。

​林業BA談議#3

社員は先輩を見て自分の将来像を描く

林業事業体は慢性的な人材不足。辞める人も多い業界です。どうして辞めるのでしょうか。また、どうして次々と辞めることに歯止めをかけられないのでしょうか。林業会社と同じ地元に根差して頑張っておられる中小企業の光製作所(金属加工工業)は、人材確保のためにどのような努力をしているのでしょうか。
​職員を辞めないようにする方向性が見えます。

​林業BA談議#4

日給制から月給制への移行は慎重に!

林業業界において現場職員の給与形態は、日給月給制、出来高制(違法ですが)が多いです。そういった中で、フォレストメディアワークスではは「月給制にしたい」という相談をよく受けます。ここで考えていただきたいのは、月給制にすると何が変わるのかということです。給料の計算・支払方法が変わるだけでしょうか?
​この動画では、月給制により何が変わるのかについて考えてみたいと思います。

​林業BA談議#5

経営者・運営者と従業員とのコミュニケーション考察

林業会社の経営者さん、森林組合の理事さん(運営者)らは、従業員がどんなことを考えているのか、所属する組織でやりがいを感じているのかなどを把握できてますか?組織として1つの方向を向いて活動していくためには、経営者・運営者と従業員との思いを1つにすることが必要です。どうやったら、それができるでしょうか。栃毛木材工業の関口社長が採られている方法を紹介します。